トップページ > ヘアケアとスカルプケア/石鹸シャンプー・石鹸シャンプーの選び方

石鹸シャンプーと合成シャンプーの違い

「合成界面活性剤を避けたいけれど、インドハーブはアレルギーが出てしまう。」

そういう方には石鹸シャンプーがおすすめです。


合成シャンプーと石鹸シャンプーは、洗い方や髪の仕上がりに大きな違いがあります。

合成シャンプーや合成リンスは「キレイな髪に見せる」ということに優れていますが

石鹸シャンプーは自分の髪の状態がそのまま現れます。


つまり、昨日まで合成シャンプーや合成リンスを使っていて髪がサラツヤだったとしても、

石鹸で洗ったら髪がゴワゴワに・・・ということもあり得るのです。

(もちろん髪自体が健康でサラツヤな人であれば石鹸シャンプーをしてもサラツヤです。)


石鹸シャンプーによって自分の本当の髪の状態を知りショックを受ける人も多く、

中にはそれを石鹸のせいにして石鹸シャンプーをやめてしまう人もいます。

というわけで、初めて石鹸シャンプーをするときは心の準備もしておきましょう。

石鹸シャンプーの選び方

石鹸の選び方を参考に、成分表示を確認します。

石鹸シャンプーは液体よりも固形の方が頭皮にやさしいと一般的には言われていますが、

合成シャンプーからの切り替え時は液体の石鹸シャンプーの方が抵抗無く使えると思います。

最初のうちは、液体の石鹸シャンプーと石鹸シャンプー用リンスがセットになっているものがおすすめです。

合成シャンプーや合成リンスと違って液がシャバシャバで緩いので、使う時はこぼれないよう気をつけて下さい。


元々石鹸好きな方でしたら、私のようにいきなり固形石鹸&手づくりリンス(クエン酸や酢など)で

始めるのもいいと思います。

石鹸シャンプー使用時の注意

石鹸シャンプーで髪を洗ったら、必ず酸性リンス石鹸シャンプー用リンス、又はクエン酸リンスや酢など)

を使って下さい。

石鹸シャンプーで洗った髪はアルカリ性に傾いているので、石鹸シャンプー用リンスでPH調整する必要があります。

合成リンスや合成コンディショナーはあくまでも合成シャンプーのためのものなのでPH調整の効果はありません。


間違えて合成リンスや合成コンディショナーを使ってしまうとPH調整が出来ないだけでなく、

仕上がりもベタベタになり、結局最初から洗い直しということになってしまいます。


Next → 石鹸シャンプーの洗い方