トップページ > 化粧品にまつわる話/化粧品の成分にこだわる理由

化粧品の成分表示

【自分なりの判断】

化粧品の成分に関して私は専門家ではないので実はよくわかっていない部分が多いです。

ただ、成分に関するあれこれは専門家の間でも意見は大きく分かれているし、

人によって肌状態やアレルギーも千差万別なので「要注意成分」は人それぞれ違うはず。

何が正解で何が不正解かというのは自分自身で勝手に決めて納得すればいいと思っています。

というわけで、私は自分の知識と直感と経験から「好き・嫌い・安全・危険」を判断しています。

【外見ではなく中身(成分表示)を見て買いましょう】

2001年の4月に化粧品の全成分表示が義務づけられ、消費者は中身を選んで購入できる時代になりました。

それまでは内容物を確かめる術が無く「有名ブランドだから、安いからお買い得、高いから効きそう」など

ほとんどの人が超適当な判断で買い物をしていました。


現在は全成分表示のおかげで、自分に必要な成分が高配合されているものを選んだり、

嫌いな成分が配合されているものを避けることが出来ます。

(成分表示は配合量が多いものから順番に書いてあります。配合量が1%以下の成分は順不同です。)


商品の中身を知るには成分表示を見る意外にないです。

商品のキャッチコピーはあくまでも買う気にさせるための売り文句でしかありません。

キャッチコピーに踊らされず、自分で成分表示を見て納得して購入した商品は

もし自分の望んでいた結果が得られなかったとしても、少なくとも騙されたという思いをすることはありません。

化粧品の成分にこだわる理由

【トラブル回避】

例えば、合成保存料や合成着色料が添加されている食べ物、お惣菜やパンやお弁当など。

「決して体に良いものじゃない」って思うけど、ときどき食べちゃう(>_<;)

でも、毎日毎食合成添加物まみれの食事をしたいとは思わないし

さすがに「毎日毎食は体に良くない」って殆どの人が本能的に感じていると思います。


化粧品もそれと一緒でしょ?というのが私の考え方です。

普通は、化粧水やハミガキ粉を買ったら毎日朝晩それを使い続けます。

だったらなるべく自分にとって安心して気分よく使えるものがいい。

習慣的に使うものに不安な成分が入っていては、実害以前に精神衛生上よくないです。

【女子たるもの】

不安な成分云々抜きにしても、化粧品の場合(一部カラーメイクを除き)ほぼ決まったアイテムを

毎日使い続けていくわけで、そういうものの成分にこだわらない方が不自然じゃない?

女子として「自分が何で頭を洗っているのか」「顔に何を塗っているのか」ということを

把握しておいても損はない!っていうか、それぐらいは自己管理として把握しておきましょ。


化粧品の成分に気をつけるようになると、自分の得手不得手や守備範囲が見えてきます。

例えばりーぴんの場合は

  • 紫外線吸収剤の化学反応に耐えられない
  • アルコールに弱いけれど低濃度なら大丈夫
  • 腕へのきゅうりエキスはダメだけど顔へのヘチマエキスは大丈夫
  • 合成ポリマーの使用で本来の肌状態を見失う
  • 陽イオン界面活性剤で肌がかゆくなる
  • という具合にだんだん自分のことがわかってくるので、トラブルを避けるのも容易になってきました。


    Next → 化粧品の嫌いな成分一覧