トップページ > 化粧品にまつわる話/動物実験を応援しない姿勢

動物実験反対。私の姿勢

動物実験を行っている(又は他社に委託している)メーカーの製品を購入することは

結果として動物実験をサポートしていることになるので

私はそういったメーカーの商品は買わないように気をつけています。

例えば、洗剤・シャンプー・リンス・ボディソープ・ハミガキ粉・化粧水・乳液・口紅、その他化粧品。


動物の命を犠牲にしてまで自分がキレイになりたいとは思わないので

すべて動物実験をしていない(他社に委託もしていない)メーカーの製品のみを使用しています。

動物実験に中立の立場はない

今現在化粧品に使われている数千種類の成分で商品を作り、

高い評価を得ている動物実験反対のメーカーはたくさんあります。

又、そういった企業は企業理念と商品のクオリティーの高さをまるごと受け入れられて、

長期スタンスの絶対的な信頼性を勝ち得ているところが殆どです。


私が残念に思うのは、そういった優秀な企業の数は意外に多いものの、国内では中小企業が殆どなので、

化粧品や洗剤等の売り上げシェアの大部分は動物実験賛成の大手企業が占めているということ。

これは、国民の殆どが「お金を払って無意識に動物実験をサポートしている」ということだと思うのです。


つまり動物実験に関しては「中立」がなく、「反対」を掲げない人は

この国ではほぼ自動的に「賛成」に属してしまうのです。

ユーザーの流れ

最近、特に20代30代の女性は、自分自身と子どもや家族のためにも成分を重視したり

企業理念に賛同して買い物をする人がとても増えてきました。消費者もお利口な時代です。


自分にとっての確かな商品を選ぶということは、

知識が必要・CMに洗脳されない・価格に釣られない・自分に妥協しない

など、端から見れば面倒そうな部分もあるんだけど、

それを見事にこなしている人がたくさんいるというのは感心するし触発されます。

具体的なスタート

もしもこのページを読んで動物実験反対の意思を持って頂けたら、

まずは企業に踊らされない賢い消費者になることから始めてみて下さい。

この2つに気をつけるだけでも、かなりの確立で動物実験への関与を避けられます。


ちなみに、このサイトには化粧水ファンデーションシャンプーなど様々なコスメのリストを掲載していますが

すべて動物実験に関与していない(と私が確信した)ブランドのものです。ご参考になれば幸いです。

 

動物のためだけではなく自分自身のためにも

りーぴんは動物実験反対のこのスタンスをこれからもずっと守っていきます。


Next → 化粧品の成分にこだわる理由