トップページ > 化粧品にまつわる話/動物実験に反対する理由

動物実験は義務づけられていません

世界が急速に動物実験廃止の方向に向かっている昨今、

じつは日本でも化粧品の動物実験は義務づけられていません。

(ただし、安全か危険かわからない成分を使う場合のみ動物実験が必要とされています。)

つまり、国が「安全」と認めた成分のみで化粧品を作っているメーカーは、動物実験をしていません。

だったら私は、

だから、動物実験賛成メーカーのものは買わない。

私は動物実験には反対だけど、どこかの団体に所属して活動しているわけではありません。
ただ、一個人として自分の意思でしたいことをしています。

動物実験をしている化粧品会社

【動物実験をしている化粧品会社の言い訳】

動物実験をしている化粧品会社はほとんどが大手企業です。

企業側の言い訳は

「本当は動物実験したくないんだけど、やらないと厚生省の許可が下りないのよぉ」

又は

「お客様の安全のために動物実験しています!」

というものです。

前述ですが、日本では化粧品の動物実験は義務づけられていませんし、ましてや

「お客様の安全のため」と言うのは、ユーザーをダシにした最低な言い訳だと私は思っています。

というのは、もし本当に「お客様の安全」を思っているならば、

動物実験が必要=安全か危険かわからないというものを使うのではなく、

動物実験は不要=安全が認められている成分を使って商品を作るはず。でしょ?

まぁ世の中いろんな企業があるから動物実験賛成をポリシーとする企業があるのは不思議じゃないけれど、

それを「お客様のため」って言う偽善に腹が立つし呆れます。


正当な理由があるならばそれを堂々と掲げ、決して人のせいにしたりしないはず。

いや本当に、こっちのせいにされちゃたまんないっス。

【動物実験をしている化粧品会社の愚行】

もし興味があったら、いろいろな化粧品会社に、動物実験に関する質問をいくつかメールしてみると

様々なことがわかります。


動物実験していない企業は、そのことを明確に返答してくれます。


対して動物実験している企業は、実際しどろもどろだし話のすり替えが多いです。

違う会社でも同じ返答マニュアルのコピーだったり、返答なしだったり回答拒否だったり。

その挙げ句、こちらの質問にまともに答えていないくせに「このメールの内容は公表しないで下さい」と釘を刺す。

そうなると動物実験云々以前の問題。化粧品を作ったり売ったりする前に、まず日本語の勉強をしてほしい。


ただね、私(ユーザー)をばかにしている姿勢を前面に出してくれちゃうから、

こちらとしても「あぁ、やっぱりこの会社の商品は買わなくて正解だったな。」と再確認できます。

実験動物・動物実験の不要性

【実験動物たち】

実験のために動物にどんどん子どもを産ませ、生まれた子どもを

実験しやすいよう(人間の言うことを聞くよう)手なずける。

言うこと聞かない子は使えないから殺しちゃう。

注射のときは押さえつけて、それでも嫌がって暴れる子には、殴る。

実験中は、痛がっても鳴いても吐いても血便出しても気が狂っても身体が腐っても死んでも、
まぁとにかく終了時間まで遂行、又は放置。その後徹底的に解剖するか、又はそのままゴミ袋にポイッ!
息があるのにポイッ!とされた動物たちを発見しては、動物保護団体が保護して手当てしている。

こんな残酷な現実、そりゃあマスコミだって報道しないよな。

【動物実験の信憑性・不要性】

フロン、サリドマイド、アスベスト、Opren、クリオキノール、エンカイニド・フレカイニド、

メチルパラベン、コウジ酸、タミフル、セプトリン、エラルディン、

動物実験の結果「シロ」と断定されて華々しくデビューしたものが、

その後「グレイゾーン」になったり「クロ」になったり二転三転。

何億だか何十億だか、「人のため」と言い散々殺した結果がそれっておかしくない?

動物実験が信用できるというのなら、命を落とす致命的な薬害はなぜ無くならないのだろう。


人間も犬もウサギも猿も同じ「動物」だけど種類は違う。

もっと言えば、同じ「人間というカテゴリー」の中でも遺伝子情報や生活環境やアレルギーなんて人それぞれ。

本当は「動物実験なんて無意味」ってこと、みんな潜在的に知っているのかもしれない。

ただ、お金のため、面倒くさいから、見てみないふりをしているんだと思う。


Next → 動物実験を応援しない姿勢